旅行は早めの計画から!移動に便利なのは格安航空券です

- 旅行の計画の仕方で航空券の価格は大きく異なる

大空と飛行機雲

旅行の計画の仕方で航空券の価格は大きく異なる

旅行の計画を立てる時、旅行は普段頑張っている自分へのご褒美だから多少の贅沢はする。
そんな人も多いかもしれません。ですが同じ目的地に着くのであれば、航空券は格安航空券の方がいいと思いませんか?
では航空券を安く購入するために、旅行の計画はどのように立てたらいいのか紹介します。

旅行の計画はとにかく早く

印のついたカレンダー
各航空会社は、こぞって早割を行っています。
つまり搭乗日より早く航空券を予約すれば、安く航空券を購入する事が出来るという訳です。
あるデータでは、どのタイミングで予約をすれば最も安く購入できるのか?との質問に対して「4〜5カ月前」という結果が出ています。4〜5カ月前に予約を入れるという事は、遅くとも半年前には旅行の計画を立てておかなければいけないという事になります。
半年先の休みなんて取れるかどうか分からない。
そう思う人もいるかもしれません。
ですがむしろ半年先だからこそ、この日からこの日は旅行に行く予定ですと前もって伝えておけば、周囲の人もそのように仕事や予定を調節してくれますよね。
なので、旅行は早めに計画し閑散期に行くのがベスト、と言えるでしょう。

旅行する時期も価格に大きく影響する

旅行の計画を立てる時には、どの時期に旅行に行くのかも非常に重要と言えます。
夏休みの中でもお盆シーズンや年末年始は、多くに人が連休で休みを取りやすい時期です。
だからこそ、旅行の繁忙期には格安航空券を手に入れる事が出来る可能性は低くなります。
値下げしなくても、キャンペーンを行わなくても空席が出ない訳ですから、普通運賃で販売されます。
早割で早く予約をすれば、繁忙期でも安く航空券を購入できるのでは?
そう思っている人もいるかもしれませんが、とにかく競争率が高く販売開始してから、即効で売り切れてしまいます。
それに交痛期間は混雑しますし、観光名所も人混み状態です。
ゆっくり旅行が楽しめる状態でなく、忙しくてサービスの質も落ちてしまうのに、価格だけは高い。
そんな繁忙期に旅行の計画を立てるのではなく、むしろ閑散期に楽しむ事が出来る旅行先を選んで安くて快適な旅行をした方が、絶対にお得だと言えます。
ちなみに閑散期とは、10月、11月、2月です。
10月や11月は、秋で気候もよく、旬の食材もたくさんある時期なのでご飯も美味しい季節です。
職種にもよりますが、10月や11月は仕事も繁忙期ではないので有休が使えそう。
そんな人はぜひ、閑散期を狙って旅行へ行きましょう。