航空会社と旅行会社

格安航空券は、航空会社で購入するものというイメージがあるかもしれません。
ですが航空券を販売している場所は航空会社だけではありません。
旅行会社も航空券単体では販売していませんが、航空券とホテルの宿泊をセットにしたパッケージツアーを用意しています。
では航空券+ホテル宿泊は本当にお得なのでしょうか?

団体割引が発生するから安い

ツアーガイド
航空会社で航空券を購入する場合、個人で購入するため当然ですが団体割引が適用される事はありません。
ですが旅行会社の航空券は、旅行会社が航空会社からまとめて購入しているので、団体割引が適用されるので仕入れ値が安いのです。仕入れ値が安いからこそ、格安航空券を提供する事が出来ると言えます。
また航空会社が販売しているのは航空券だけですから、航空券だけで利益が出るような価格設定をしなければいけません。
ですが旅行会社の場合は、極端な話航空券だけでは赤字であっても、航空券やホテルの宿泊費、その他オプションをつける事でトータルでキチンと利益が出ればいい訳です。その分航空券の価格設定は安くしやすい状況だと言えるでしょう。
そして航空券には有効期限があります。
そのため売れると思って大量に仕入れたものの、思ったように売れない場合、有効期限が切れてしまったらただの紙切れとなってしまいます。なので有効期限が近い航空券に関しては、セールを行い、かなり大幅な割引をする事があります。
この不定期で行われる旅行会社のセールも、安く航空券を購入するために狙い目だと言えるでしょう。

航空会社も旅行会社も高くなる時期は同じ

ですが結局これに尽きるのですが、航空会社も旅行会社も安くなる時期、高くなる時期は全く同じなのです。
それはそうですよね。旅行シーズンの繁忙期には旅行会社は値引きを行いませんし、航空会社も値引きは行いません。
正規の価格で売れるのであれば、その方が利益が大きく出るからです。
対して閑散期になると、どうしても空席が出来てしまい、空席を少しでも埋めたいと航空券をどんどん割引していきます。
なので、結局のところ航空会社で航空券を購入する場合も、旅行会社で航空券を購入する場合も、大切なのは購入する時期であると言えるでしょう。すなわち、旅行をすると決めたならば旅行の計画はとにかく早く立てる事がお得な旅行の第一歩と言えます。
そのため、「航空会社で高いから旅行会社で安く購入しよう」と考えるのは根本的に無理があると言えるでしょう。
閑散期にお得なセール価格を購入する事こそが、お得に旅行を楽しむ方法だと言えます。